2017年8月

抗酸化力のある食事で美肌つくり!

抗酸化力のある食事で美肌つくり!

(公開: 2017年8月 3日 (木))

女性なら誰もが「いつまでも美肌を維持したい・・・」と思い、エイジングレスビューティーを目指して大金や多くの時間をつぎ込んでスキンケアに人一倍努力している女性は多いようです。

しかし、日頃の生活の中で、肌の老化をもたらす敵は多く存在しています。

例えば、毎日の生活習慣の中にある睡眠不足や乱れた食生活、ストレス、紫外線など。

そして、まだ、あまり知られていないかもしれませんが、活性酸素が挙げられます。

活性酸素は簡単に言うと、物を酸化させる強い力をもった悪玉酸素で、酸化とは、鉄がサビたり、皮を剥いたリンゴやバナナを放っておくと、切り口が茶色になるような反応のことです。

活性酸素は、とても身近なもので、人の体にとって良い働きもあります。

例えば、その強力な作用でばい菌を殺して病気を未然に防いだり、体内における酸素反応を促すなどの重要な働きです。

ですが、活性酸素が体内で大量に発生すると、あまり余った力でばい菌だけでなく、体内の細胞も傷つけて何かしらの悪影響を与え、問題を起こし始めます。

前述したような鉄がサビる状態を体内で再現してしまったり、血液の中に、サビのようなものを作って血液の流れを悪くしたり、血管壁を固くしたりして重大な病気の原因ともなってしまうのです。

いわば体内から老化を促進している状態です。

本来、体内には、この活性酸素を除去するシステムが備わっていますが、この体内の抗酸化力も30歳代から40歳代にかけて徐々に低下していきます。

ですので、体内の活性酸素を減らすには、外部から抗酸化物質を摂取して抗酸化力を高める必要があります。

抗酸化力の高い代表的な栄養素は、ビタミンA、C、Eがなどが挙げられます。

その他に、にんじんやほうれん草などに含まれるカロテノイド、そして、ブルーベリーや紫芋などに含まれるポリフェノールは最近注目されています。

これらの抗酸化力のある野菜や果物を積極的に摂り、体内の活性酸素をできるだけ多く取り除けるようにしましょう。

http://www.shinkitahara.com/

また、活性酸素は、紫外線、ストレス、激しい運動、タバコ、食品添加物などから発生します。

これらの要因を避けて、活性酸素が発生しない生活習慣を送ることも大切です。