借金で悩んでる人へ

新聞の宣伝、スポーツ新聞紙、街角に貼られた宣伝や郵便広告で、「負債の整頓します」「債務をまとめたくありませんか」などの売り言葉を目にすることがありますよね。

 

こういったものは、「整頓屋」「買取業」「紹介人」という名の悪徳業者のおとり広告のときもあるということなのです。

 

そういったものを申し込んだ場合には自己破産申し立てフローの中で最優先の免責決定を得られない可能性がありえます。

 

「整頓屋」とは広告などで多重債務者を寄せ集め、高額の料金をもらって整頓を行うのですが、本当は整頓は実行されずに、依頼者はより一層の借金スパイラルに陥る失敗がほとんどと考えてください。

 

「買取専門人」では、クレジットカードで、電化製品、旅行の券をたくさん買い入れさせて、依頼者からその品を値段の30%もしくは額面半値で買取るという手段です。

 

負債人は瞬間的にはキャッシュが懐に入りますが少しすればカード企業による商品価格の全額の督促が届き、本当は負債額を上乗せする結果となります。

 

この場合、クレジットカード会社相手の詐欺とされて免責をもらえません。

 

「つなぎ屋」は、大口の金融業者から拒絶された負債人に対して業者としては金貸しはせずに、金貸しをしてくれる別な貸し手を教え、法外なサービス料を取っている悪徳業者です。

 

紹介者は直接の苦労で融通が受けられたという口調で説明しますが、本当のところは何もしないまま選考のゆるい企業を知っているというだけです。

 

この場合も現実には負債額を増やす結末となります。

借金を返したい